眉毛のムダ毛処理は大変です。

5私は眉毛のムダ毛の処理を始めたのが、周りの友人と比べて遅く、高校二年生の時でした。

ムダ毛を処理しなくても良い形…というわけではなかったのですが、なぜかまったく気にならなかったのです。

今、中学生や高校生の時の写真をみたりすると、とても恥ずかしくなるほどムダ毛がものすごく生えています。

いつだかにいきなり気になって処理しました。

しかし、特に処理のやりかたを調べずになんとなくでやった結果、変な形になってしまい、その後もなんとなくその時の形が残っているかのような眉毛です。

私の眉毛はかたくて太いタイプで、流れるような細くて柔らかいタイプではありません。

そのため、日々の処理が大切です。

ですが私は自然にみえる眉毛を目指しているため、あえて残すようなところを考えなければなりません。

ある程度伸びれば流れるようになりますが、その長さまで伸ばしている間はつんつんと立ってしまいます。

理想の眉毛を目指すまでには案外と時間がかかり、それまでの時間が恥ずかしいというわけです。

なんとか化粧でごまかしてはいますが、眉毛はとても変な感じがします。

ですが、目指す形とはまったく異なるところからもムダ毛は生えており、そちらに関しては二日に一回ほど、綺麗に処理をしています。

理想の眉毛までには時間がかかりますが、せめて完全なムダ毛の処理をしっかり行い、できる限り恥ずかしくない眉毛でいたいと思います。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*